ハーレーマフラーの役割とは

ハーレーのマフラーは、独特の重厚感がある音を生み出し、「ハーレーらしさ」を演出してくれる重要なパーツです。

マフラーの大切な役割として「エンジンから出た排気ガスを、排出すること」があり、マフラーは「排気系」の部品に位置づけられています。
また、マフラーがあることで、排気ガスの騒音を和らげることができます。

実は、マフラーの役割として「エンジンの性能を引き出すこと」があり、排気ガスを「程よく」排出する(溜め込みすぎも、吐き出しすぎもダメ)、という大事な役割があります。
これらの役割をよく知っていないと「エンジンとの相性が良くないマフラーをつけてしまい、走行性能が落ちる」「排気音がうるさすぎたり、静かすぎたりして、気持ちよく走行できない」ということになってしまいます。

ハーレーのマフラーには「2in1(ツー・イン・ワン)」と「2in2(ツー・イン・ツー)」の2種類があり、どちらのタイプを選ぶかは、エンジンとの相性などを考えて、走行性能を引き出せるタイプを選ぶ必要があります。

ハーレーマフラー

コンテンツ

■ マフラーの役割・排気 → GO!

■ マフラーの役割・消音 → GO!

■ マフラーの役割・エンジン性能の向上 → GO!